新築のコンセント位置!便利で失敗しない配線場所12選

家づくりのコツ

アフィリエイト広告を利用しています

生活をするとき、コンセントは必ず必要ですよね。

しかし「コンセントの位置が遠くて困った」「いざ住み始めるとここにコンセントをつければ良かった」など意外と不便に思うことも。

かとうさん
かとうさん

使い勝手の良いところにコンセントがあればストレスも減りますよね!

そこで、家を新築するときに参考にしてほしい便利で失敗のないコンセントの位置について紹介します。

\入力はたったの3分!/
無料で住宅資料を請求する

32,000件以上の実績だから安心安全!
今なら毎月先着で家づくりの冊子をプレゼント。

スポンサーリンク

家を新築するときに便利で失敗のないコンセントの位置12選

新築_コンセント_位置_場所

新築する際に参考にしてほしいコンセント位置は12個あります。

専門家の方から得た情報や自身が実際に生活していて「ここが必要!」と思った箇所を紹介します。

テレビ

テレビを壁掛けにする方は、壁掛けテレビ用のコンセントが必要になります。

テレビボードの上に置く場合は壁の下あたりにコンセントをつけてください。

壁掛けにするつもりが結局テレビボードの上に置くとなると、壁掛けテレビ用のコンセントが目立ってしまうので気をつけましょう!

壁掛けにするか、テレビボードの上にするかしっかりと考えた上でコンセントの位置を決める必要があります。

書斎やワークスペース

書斎のあるご家庭や小さなワークスペースなどを設けている方はPC用のコンセントを設置しましょう。

書斎やワークスペースの机には穴を開けておいて配線を通せるようにし、ゴチャついた配線が見えないようにするのがオススメ。

また、PCがデスクトップの場合は色々な機器を置く必要があるので多めにコンセントを設置するようにしましょう。

プリンター&無線LAN

プリンターを持っている方や無線LANを設置する方は収納の中にコンセントを作りましょう!

プリンターは場所を取るので、コンセントのある位置まで運ぶ・・・というのは手間ですよね。

また、無線LANに関してもどこかに置くとなると意外と目立ちやすい機械。

そこで収納の中にプリンターや無線LAN用のコンセントを作ることでいちいち動かす必要もありませんし、部屋の中がスッキリします。

キッチン背面カウンター部分

キッチンの背面にあるカウンター部分は作業をすることが多い部分。
うっかりコンセントの設置を忘れてしまいやすいところです。

例えばハンドミキサーやホームベーカリー、コーヒーメーカーや電動ミルなど、さまざまな家電を使用する機会があると思います。

そのときに十分な数のコンセントがないと不便ですよね。

ですので、キッチンの背面カウンター部分は少し多めのコンセントを用意しておくと安心です。

ダイニング部分

食事を囲むダイニングテーブル部分ではホットプレートやたこ焼き器などを使用する機会もありますよね。

そのときにコンセントが近くにないと延長コードを引っ張ってこないといけなかったりするわけです。

また、通路をまたいでコンセントをさす場合は人が通るときに転んでしまうといった危険性も。

ですのでダイニングの床部分や通路を介さない近いところにコンセントを設置すると安全で便利です。

ウォーターサーバー用

ウォーターサーバーがある場合は予め置く場所を決めておくのがおすすめです。
なぜなら、ウォーターサーバーは場所を取るものがほとんどだからです。

我が家もウォーターサーバーがあるのですが、コンセントを設置し忘れたのでいざ設置するとなったとき困りました。

ウォーターサーバーをお持ちの方はウォーターサーバーを置きたい場所の近くにコンセントを設置するようにしましょう。

スマホやゲームを充電する場所

現代人に欠かせないのが、スマホやゲームですよね。

またスマホの場合、仕事があるから手元から離せないといった方もいるでしょう。

スマホやゲームを充電しながら使用したい場合、家の中のどこでよくスマホを使うか思い出してみてください。

ソファやヨギボーの近く、寝室の枕元付近のコンセント、書斎のデスク付近など充電しながら使う場所は意外とありますよね。

そのような場所にはコンセントを設置するようにしましょう。

子ども部屋

子ども部屋は、どのように使うか想定しながらコンセントを設置していきましょう。

  • テレビ
  • 学習机
  • ベッド付近

など

各家庭によって必要に応じてつけていきましょう!

掃除機やお掃除ロボット

お掃除ロボットやコードレスの掃除機を使っている場合はコードの長さや掃除の動線を考えず、充電する場所のコンセントのみ確保すれば問題ありません。

コード付きの掃除機の場合、平均のコードの長さが約5メートルほどです。

その場合でワンフロア15坪程度の場所だと中央付近にコンセントをつけておけば部屋の済みまでお掃除することができます。

かとうさん
かとうさん

設計士さんと相談しながら決めていきましょう!

脱衣所

脱衣所で洗濯物を部屋干ししたい場合は、除湿器やサーキュレーターなどを使用するお家もありますよね。

もし、使用される予定がある場合は脱衣所の壁の下の付近にもコンセントを設置するようにしましょう。

玄関やシューズクローク

玄関やシューズクロークにもコンセントがあると非常に便利です。

例えば、

  • 電動自動車のバッテリー充電
  • 玄関のインテリアの照明(クリスマスツリー)

といったものがあります。

子どものいる家庭だと、クリスマスツリーなどを飾ったりする機会があるので設置することをおすすめします。

ベランダや庭などの外部

「ベランダや庭にコンセントが必要?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、意外と使用する機会はあるんです。

  • ベランダ掃除をしたいとき
  • 窓の掃除するとき
  • 洗車するとき
  • プールを膨らませるとき
  • バーベキューをするとき
  • 日曜大工をするとき
  • 車のメンテナンスをおこなうとき

などさまざまなシーンで使うことがあります。

雨がかかる場所にはフードのついている防雨タイプのコンセントを採用してくださいね!

新築のコンセント位置を考えるときは家具の場所も考えよう!

新築_コンセント_位置_気をつける

参考にしてほしいコンセントの位置について紹介しましたが、コンセントを考えるときにもう一点、気をつけなければいけないことがあります。

それは家具の位置です。

コンセントの位置を考える際に家具を配置する場所をおおよそでもよいので考えておきましょう。

家具の置く位置にコンセントを設置してしまうと、そのコンセント部分は塞がってしまって使えなくなってしまいます。

「せっかく色々考えてコンセントを設置したのに!」

となってしまう前に最低限置かないといけない家具の配置は決めておきましょう!

新築のコンセントの位置まとめ

今回は家を新築する際に参考にしてほしいコンセントのことについて紹介しました。

  • テレビ
  • 書斎やワークスペース
  • プリンター&無線LAN
  • キッチン背面カウンター部分
  • ダイニング部分
  • ウォーターサーバー用
  • スマホやゲームを充電する場所
  • 子ども部屋
  • 掃除機やお掃除ロボット
  • 脱衣所
  • 玄関やシューズクローク
  • ベランダや庭などの外部

今の住居でもかまいません。
「こういうところにコンセントが欲しかった」
「ここのコンセントは便利!」
というところを思い出してみて下さい。

そこから、新居で新たに取り入れる間取りなどから「必要かな?」と思う場所につけていきましょう。

\入力はたったの3分!/
無料で住宅資料を請求する

コメント

タイトルとURLをコピーしました